「共通の価値観が浸透した『いい会社』をつくる」をコンセプトに、社内コミュニケーションサービス「Talknote」で顧客企業の課題解決を支援しています。

  • 港区 / 所在地
  • 2010.04 / 設立年月日
  • 9 / 従業員数

About

「共通の価値観が浸透した『いい会社』をつくる」

トークノート株式会社では、「共通の価値観が浸透した『いい会社』をつくる」をコンセプトに、顧客企業に社内コミュニケーションサービス「Talknote」を提供しています。

トークノートは、「いい会社」とは社員満足度が極めて高い会社であると考えています。働いている会社のビジョン、経営状態、自分の仕事の意義、自分がお客様をどれだけハッピーにしているか、そいういことがわかる透明性の高い会社が「いい会社」です。社員がいきいきと働けば、顧客満足度があがっていきます。顧客満足度があがれば、おのずと売上はついてきます。全社員が共通の価値観や目標を共有し、「Talknote」を情報共有ツールとして活用いただくことで、その環境づくりのお手伝いをしています。

「Talknote」とは

「Talknote」は会社専用のクローズドなコミュニケーションツールです。メールよりも効率よく、電話よりも気軽にコミュニケーションを取ることで、社内の様々な情報を共有できます。登録社数は11,000社突破しており、様々な業種、規模の企業にご利用いただいております。多くのお客様のより深くより幅広いニーズにお応えするため、機能の拡充やサポート体制の強化をめざし、人員増を行っています。誰もが、ちょっとしたコミュニケーションのために、まず「Talknote」を使う。業務フローに根付くドライな情報も、理念や価値観のようなウェットな情報も、一番共有しやすい場になっていきます。2016年には10万社が登録し、誰もが知っているサービスになります。その時点でIPOを行い、さらなる拡大を計画しています。

“「Talknote」は使う人が、仕事に対して楽しいというイメージを持って、前向きにやっていけるようなツールだと思っています。もっと日本の会社、働いている人たちが仕事が楽しくて、職場のみんなのことが好きで、仕事に行くのが毎朝楽しみ、というような状態になったらいいなと思います。”
----- 和田さん, セールスチーム

Culture

“開発において一つだけ気をつけていることとして、過度なルールを作らないようにするというのを心がけています。コミュニケーションをとることで、出来る限りルールでなくて文化で解決していきたいと考えています。” ----- 藤井さん, エンジニア

追求するのは、迷いなく使える“シンプルさ”

どうしたら世の中で働く人たちをハッピーにできるのか。これがトークノートのミッションです。誰もが使いやすい、使いたいと思えるサービスでなければ、この理想は達成されません。Talknoteに興味をもっていただいた全てのお客様をハッピーにするため、サポートや営業だけでなくエンジニアもお客様のもとへ出向き、お客様の声に耳を傾けます。顧客の要望を見たし、理想を超えるサービスを提供するため、先進的な技術も積極的に取り入れ、挑戦し続けています。

コミュニケーションを重視する社風

コミュニケーションを支援するツールを提供するトークノートでは、自社内においてもコミュニケーションが重視されています。メンバー同士のコミュニケーションはもちろん、開発チーム、セールスチームの垣根なく顧客と積極的にコミュニケーションをとることで、顧客のニーズを深掘りし、より良いサービスを創りだそうとしています。コミュニケーションをすることで、過度なルールを作らずに済み、社内も明るく風通しのいい雰囲気になります。

Interview

藤井さん
エンジニア
藤井さんはCTOとしてベンチャーの創業に関わった後、トークノートに参加しました。かつて仕事をしてきたなかで、コミュニケーションの重要性や難しさを肌で感じていた藤井さんは、トークノートのサービスに将来性を見いだしたといいます。現在は、自分の作ったシステムが社会に組み込まれ、人の役に立ち、世の中に新しい価値を生み出しているという点にエンジニアとしてのやりがいを感じています。
和田さん
セールスチーム
和田さんは、前職では金融機関のセールスとして活動していましたが、前職の顧客だったトークノートに加入しました。現在はトークノートのセールスチームで、サインアップした顧客に対し電話やメールでサポートを行っています。トークノートの魅力は自分でアイデアを出し、筋道を立てて仕事ができる点。将来のキャリアパスが見えていた前職よりも変化が多く、好奇心を刺激される日々をとても楽しんでいます。
三浦さん
エンジニア
三浦さんは大手ソーシャルゲームプラットフォームで内製プロダクトの企画・開発に携わっていました。当時から社内のコミュニケーションのあり方に様々な課題があると感じていたところトークノートを知り、興味を持ったことから入社に至りました。急速に規模が拡大するトークノートでは、常に新しい技術を追いかける姿勢が必要とされます。それだけに、エンジニアとしての腕を振るうことのできるチャンスが多くあると感じています。
“コミュニケーションというものの根本にあるのはモラル、他人に対する想像力だと思っています。社会に対する関心、他人に関する関心っていうものがあり、その上で価値を作り出したい、腕を振るいたいという人には、トークノートはフィットすると思います。”
----- 藤井さん, エンジニア

業務プロセスの工夫と勤務時間の短縮

トークノートには、家庭のある人が多く働いています。創業当初はしばしば徹夜をすることもありましたが、業務プロセスの改善など、人間らしく働ける環境を作ろうと様々な工夫をしてきました。そして現在は、家庭を持つ人も、そうでない人も、徹夜や休日出勤はそれほど多くなく、普通の勤務時間でメリハリを持って活動しています。オンとオフの切り替えをすることで、仕事のパフォーマンスの向上も期待できると考えています。

毎月好評の「ワインパーティー」

トークノートでは、仲間とともに困難を打ち崩していこう、そのために、自分のことだけではなく、みんなのことを考えようというマインドを大切にしていいます。マインド面のフィットもとても大事だと考え、月に1度、お酒を交えた部署を超えた社内交流の場「ワインパーティー」を開催しています。社内のメンバーだけではなく、入社を検討している外部の方々も交えて、裏表内交流を深めています。

<所在地>
東京都港区六本木5-9-20 六本木イグノポール5F
MAP
<事業内容>
社内コミュニケーションサービス「Talknote」の運営・管理

この会社で募集中のお仕事

Webエンジニア

自社サービス『Talknote』の開発業務に関わっていただきます。
Webアプリの開発を中心にお任せしますが、ミドルウェアやサーバーサイドにも関わっていただけます。また、スマホアプリ開発経験がな...

この仕事の詳細ページへ

Androidエンジニア

自社サービス『Talknote』の開発業務に関わっていただきます。
Androidアプリの開発を中心にお任せしますが、Webなど他分野まで手を広げていただくことも可能です。また、必ずしも特定言語...

この仕事の詳細ページへ

iosエンジニア

1万社以上が使うiosアプリをもっと良くするエンジニアを募集します!

自社サービス『Talknote』の開発業務に関わっていただきます。
iOSアプリの開発を中心にお任せしますが、...

この仕事の詳細ページへ