ピクシブ株式会社は、「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」を理念に、イラストの投稿・閲覧が楽しめるイラストコミュニケーションサービス「pixiv(ピクシブ)」を運営しています。

  • 渋谷区 / 所在地
  • 2005.7 / 設立年月日
  • 77 / 従業員数

About

イラストコミュニケーションサービス

ピクシブ株式会社は、「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」を理念に、世界中のクリエイターがイラストや漫画、小説の発表と交流が楽しめるイラストコミュニケーションサービス「pixiv(ピクシブ)」を運営しています。膨大なデータやアクセスを処理するWebアプリケーションの開発や運用だけでなく、クライアント企業とのタイアップ企画、書籍の発行や展示会、即売会等「リアルとウェブの連動」を意識したイベントも展開しています。

ピクシブ株式会社はWEB製作会社として2005年に創業されました。2007年に「pixiv」が生まれました。ギャラリー兼イラストに特化したSNSというアイデアは、創立メンバーであり、かつてイラストレーター志望であったエンジニアによって考案され、具現化されました。サービス立ち上げ後、想定以上のスピードでユーザーが集まったことから「pixiv」を主力事業としてフォーカスすることになりました。

「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」

ピクシブが目指している価値観は、より多くのイラストを集めて配信することだけではありません。ユーザーが、ピクシブのサービスを利用する全プロセスを楽しめることをあらゆる観点から追求しています。またピクシブはイラストを通じたコミュニケーションなので、言語が分からなくても、海外のユーザーとのコミュニケーションができる楽しさもあります。

pixivは当初、「より多くのイラストを集める」ことをミッションとして運営されていました。しかしあるユーザーの投稿した漫画がきっかけとなり、pixivを単に多くのイラストが集まる場所というだけではなく、「お絵かきがもっと楽しくなる場所」にしていくことを目指すようになりました。このコンセプトの転換により、pixivの提供する価値は「イラストが見やすい・探しやすい場所」というものから「お絵描き自体の楽しさ」をより感じてもらえるクリエイター視点のサービスとして進化することになりました。

“絵を描く事自体が楽しいって思えるような、より楽しくなるような場所を作っていったほうがいいよねっていうのをユーザーの漫画を見て気付いたんですよね。なので、絵に限らず、ものづくりが楽しくなるような場所にしていきたい、そういうものを支援していく会社にしていく。”
----- 片桐さん, 代表取締役社長/創業者

Culture

創造性と活気を追求したオフィス

ピクシブのオフィスは、議論やミーティングが活発になること、人が創造的になることを突き詰め設計されています。一見派手に見えるオフィスも、仕事場としてのオフィスのあり方を追求する中で生まれてきた、色を多く使うこと、壁をなくすこと、社員同士の業務スペースを近づけることにより、創造性と活気を増すことを目的としています。現在のオフィスには、生産性以上にコミュニケーションと活気、創造性を重視するピクシブのカルチャーが現れています。

どんなアイデアでも話せる雰囲気づくり

ピクシブでは、どんなアイデアでも出しやすい雰囲気をつくることを重視しています。一見ばかばかしいアイデアであったとしても、それが引き金となり新たなアイデアが生まれてくる可能性が含まれているからです。メンバーに対しても、そのような議論の過程で出てくる様々な突飛なアイデアに対して寛容で前向きでいることを求めています。

Interview

片桐さん
代表取締役社長/創業者
片桐さんは大学在学中にWeb制作会社を立ち上げたのち、「独自のサービスをスタートするべき」と考えるようになり、仲間と共にイラストコミュニケーションサービスpixivを立ち上げました。世界中の個人クリエイターの創作活動を支援することと同時に、社員がピクシブでの体験そのものを楽しめるよう、創造力が刺激され、仕事のパフォーマンスが上がるような環境を整えることにも力を注いでいます。
伊藤さん
グロースチーム マネージャー
伊藤さんは以前戦略コンサルティング会社に勤めていましたが、CEOの片桐さんに声をかけられ、事業内容に可能性を感じたところから、入社を決意しました。現在は「pixivのグロースハック」をミッションとして、日々数字をモニタリングしながら、データを細かく観察・分析し、成長戦略を考えています。社長と近い立場で、事業の成長にダイレクトに関われる現在の業務を楽しんでいます。
宮下さん
営業・マーケティング
大学の美術系コースに在籍していた宮下さんは、もともとpixivのユーザーであったことから、自分の好きなサービスに関わりたいと思いピクシブに入社しました。 現在は広告営業とイラストコンテストの運営を担当しています。厳しい数字目標を達成しなくてはならないプレッシャーもありますが、部署を越えた社員同士の交流がさかんで良い影響を与え合えるところ、外部からもアニメーターやイラストレーターを招待してお絵かき大会を開催しているところなど、風通しが良く、オープンな社風が気に入っていると言います。
ミハイさん
エンジニア
モルドバ共和国出身のミハイさんは、アニメとゲームが大好きでpixivのヘヴィーユーザーでした。そのため、Twitterで「日本に渡り、エンジニアとしてピクシブで働きたい」という想いを伝え、入社に至りました。 自由な社風と居心地の良さは期待以上で、毎週エンジニア同士の勉強会が開催されて新しい技術をどんどん身につけられる点も気に入っています。何より、社内に同じ趣味の仲間が多くいることにもワクワクしていると言います。
“社員にとって、10年後も活かせるような出会いとかスキルとか経験が得られる場所に会社をしていきたいと思ってる。だから未来のないことはさせたくないし、したくない。”
----- 片桐さん, 代表取締役社長/創業者

10年後も活きる経験

ピクシブでは、会社がどう成長しているかということよりも、10年後も生かせるスキルや経験、出会いを提供する場所でありたいと考えられています。短期的に会社の業績に貢献するような業務も行わなければならない場合もありますが、そのような業務にあまりコミットすることはなく、携わる業務は全て会社と個人にとって未来につながるものになります。

専門性と寛容性

ピクシブで求められる要素は、専門性と寛容性の高さです。何かしらの分野について深い知識や専門性を持ちながら、同時に自分の携わる業務や一緒に働くメンバーに対して寛容でいることの出来ることが重要視されています。一方、会社も加わったメンバーに対して寛容な姿勢を持っており、採用においても「その人が失敗しても仕方がないと思えるか」が基準となっています。

<所在地>
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5JPR千駄ヶ谷ビル5F
MAP
<事業内容>
インターネットサービス事業
インターネット広告事業
ライセンス&マーチャンダイジング事業

この会社で募集中のお仕事

総合職(広告営業・イベント企画、運営・人事・広報など)

<ディレクター>
pixivの新規会員・有料会員・アクティブユーザーの増加をミッションに、既存サービスの修正や新機能、新規プロジェクトの立ち上げ、他社との業務提携、コンテンツの企画、仕様策定、デ...

この仕事の詳細ページへ

技術職(エンジニア・デザイナー)

ピクシブ株式会社では、世界中のクリエイターに対して創作活動がより楽しくなるような事業を提供しています。
私達と一緒に、よりクリエイティブな未来を作ってくれる人を募集しています!
<インフ...

この仕事の詳細ページへ